ホーム>よくある質問

よくある質問

賃貸契約時のよくある質問

Q. 物件を契約する時はどんな流れになりますか?

A. 賃貸物件を契約する際は、下記のような手続きが必要になります。

  1. 物件の内見を行う。
    物件のデータからは判断できない、周辺も含めた環境や、条件等の細かい点をご確認ください。
  2. 入居申込書の提出。
    どんな方が借主、連帯保証人になり、どんな家族構成なのかは、入居審査の判断材料となります。
  3. 契約書類の作成。
    入居審査が通りましたら、いよいよ契約です。契約書類、必要添付書類の提出及び、初期費用の支払いなどの手続きがございます。
  4. 引き渡し。
    全ての手続きが完了すれば、物件のお引き渡しとなります。引き渡しは契約開始日以降となります。引越業者やライフラインの手配などにお気をつけください。

もっと詳しく知りたい方はお問い合わせ頂くか、「住まいの雑学・豆知識」の該当部分を参照してください。

Q. 物件を契約する時に必要になるものは何ですか?

A. 申し込み内容が事実かを確認するため、概ね下記の書類が必要です。

  1. 契約者・連帯保証人の運転免許証などの写し
    本人確認のために必要となります。
  2. 契約者の健康保険証の写し。
    契約書の就業確認のために必要となります。
  3. 入居者の住民謄本。
    本籍確認、家族確認のために必要となります。
  4. 連帯保証人の印鑑証明。
    連帯保証人の意思確認のために必要となります。

また、大家さんや不動産業者によっては、上記以外の書類が必要となる場合もございます。また、運転免許証を所持していない方は、代替となる証明書類が必要となります。そのため、契約の説明時に何が必要かを確認してください。とくに、住民票や印鑑証明等は土日祝日は入手が困難な場合もありますのでご注意ください。

もっと詳しく知りたい方はお問い合わせ頂くか、「住まいの雑学・豆知識」の該当部分を参照してください。

Q. 連帯保証人は必ず必要ですか?

A. 連帯保証人は原則として必要です。

連帯保証人の用件は下記の通りとなります。

  1. 契約者の親族である
  2. 滞納などの際に代位弁済可能な程度の収入がある
  3. 常時連絡がとれる

なお、弊社では、保証人探しに苦労したり、保証人をお願いすることに気兼ねすることがなく、もっと自由に、自分の意思で住み替えることができるように、リクルートフォレントインシュア社の保証人代行サービスをご利用できます。頼みづらい保証人をわざわざたてなくても、お部屋を借りることができる安心のサービスです。

リクルートフォレントインシュア社の保証人代行サービス 安心・便利な4つのポイント

  1. 家賃のお支払いは便利な口座振替
    お支払いは便利な口座振替だから、わざわざ金融機関に出向く必要もありません。また、自動引落しなので、支払い忘れなどのうっかりもなく安心です。
  2. クレジットカード作成は不要です
    保証サービスご利用のために、新たにクレジットカードを作る必要はありません。
  3. お引落し手数料は無料です。
    毎月のお支払い手数料も、長い期間でちょっとした負担額になります。保証サービスをご利用頂ければ、毎月のお引落し手数料は0円です。
  4. どなたでも気軽にご相談ください。
    可能な限りお引き受けできるよう、積極的にご対応いたします。

当サービスをご利用にあたっては、担当者までお問い合わせください。

 

ページ上部へ